★ 百景の七 ★

アクセスカウンタ

zoom RSS 京都ブログ 〜京都御苑・京都御所 その2〜

<<   作成日時 : 2017/11/15 00:54   >>

かわいい ブログ気持玉 27 / トラックバック 0 / コメント 0

わーびっくりした(゚Д゚;)!
京都ブログ人気なくてびっくりしたー(*´艸`*)プププ!!笑
京都御苑と京都御所が人気ないのかな?
自分メモ的な意味も含めてマイペースに更新しますけどね〜♪

さて最初は可愛い七ちんを(*´▽`*)♪

画像


ブログではあまり可愛い可愛い手放しには言いませんが、
実際はみっちと2人バカみたいに言いまくってます、愛しまくってます(´∀`*)ウフフ♪

画像


画像


京都御苑、砂利じゃないとこでは七も嬉しそうにはしゃいでました♪

画像


時代祭の行列以外のとこにも結構人いますよ〜(^^)

画像


松?の年季がすごい(゚Д゚;)

画像


ここは抱っこ〜♪

画像


栄養補給(^3^)

画像


京都御所の方に歩きます。

画像


★京都御所★
京都御所は、その古来の内裏の形態を今日に保存している由緒あるもので、現在のものは安政2年(1855年)の造営である。
14世紀から明治2年(1869年)までの間歴代天皇が居住し儀式・公務を 執り行った場所。
紫宸殿を始めとし、清涼殿、小御所、御学問所、御常御殿など平安時代以降の建築様式の移りかわりをつぶさに見ることができる。


んー、簡単に言うと明治2年まで天皇陛下が住んでたとこ、でいいよね(゜.゜)??
ここは残念ながらわんこNG。
せっかく来たしタダだしで入りたくて、みっちと七には門の外で待っててもらうことになりました(^^;
私1人バタバタ見学です。

諸大夫の間(しょだいぶのま)と言われるお客さんの控えの部屋は、お客さんの身分に応じてお部屋が異なります。
襖の絵が違って、右に行くほど身分が高い人が入れる部屋(^^)

画像


みんな時代祭の方に行ってるのか人少なくてよかった♪

画像


えっと、左の赤いのが内裏の正面玄関に当たる門、承明門(じょめいもん)で、
右にちょっと見えてるのが建礼門(けんれいもん)
京都御所にある6つの門の内最も格式が高いもので、天皇陛下だけが使用することができます。天皇陛下と同伴でなければ皇后陛下も使用することはできません。普段は閉ざされており、外側からだけの見学になります。時代祭・葵祭の行列が出発する門としても有名です。

だそうです(^^ゞ

画像


承明門、朱色が綺麗です(^ー^)

画像


ここから中は立ち入り禁止。
紫宸殿(ししんでん)を門のとこから見ます。
紫宸殿は、京都御所の中核をなす建物で、天皇の即位式など最も格式の高い儀式が行われる場所であり、昭和天皇までここで即位式が行われたそうです(^^)。

青空だったら綺麗だったろうなー。残念(^^;

画像


画像


ここは小御所(こごしょ)
キンモクセイが綺麗に咲いてた(^^)
皇太子が元服式を行ったり天皇が将軍など幕府の要人と面会したりしていた建物だって。

画像


うーん、この辺はサッパリ分かんなくなってしまった(-ω-;)

画像


画像


そんな感じで適当ですが((+_+))スマセン
あと1コ続きます(^^ゞ


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 27
かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
京都ブログ 〜京都御苑・京都御所 その2〜   ★ 百景の七 ★/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる